FC2ブログ

伊藤真波氏 講演会

講師派遣
01 /17 2020
 企業主催の講演会に伊藤真波さんに「あきらめない心」というテーマで講演を行って頂きました。
 伊藤真波さんは、日本で初めての義手の看護婦でもあり、北京・ロンドンパラリンピックの競泳選手日本代表として見事入賞を果たし、バイオリニストとしてもアメリカのテレビ 番組「The World’s Best2019」にも「奇跡のバイオリニスト」として登場、全米が感動の涙に包まれました。
伊藤さんは静岡で看護師を目指して学校に通っていた20歳の時、中型バイクを運転中に大型トラックと衝突。一命をとりとめますが、右腕を切断することになりました。事故の後、看護師になる夢も諦めかけた彼女ですが、その後に再び立ち上がり、見事に看護師の夢を叶えました。 さらに小さい頃に習っていた水泳に取り組み、2008年の北京、2012年のロンドンパラリンピックで共に日本代表として出場し、両大会で見事入賞を果たしました。
 逆境を乗り越え夢を叶えた伊藤さんも小さい頃は勉強嫌いで中学生のころは心も荒れていたそうです。日々夢も無く過ごしていた中学時代に1人の先生に出逢い人生が変わったそうです。
講演は、幼少から子供を持つ親になるまでのお話でしたが、気持ちががこもった話しぶりに涙を流されている方も沢山おられました。講演の時には小さい頃から習っていたバイオリンを演奏されました。
義手でありながら演奏される姿には感動を覚え、聞いている方に勇気を与えます。同じ日に講演された日本代表アーティスティックスイミングコーチの井村雅代さんもとても感心されておられました。
テーマの通り「あきらめない心」という言葉がとても身にしみるお話でした。是非皆さんに聞いて頂きたいと講演です。

イトウマナミA

《プロフィール》
1984年 静岡県出身
5歳〜 水泳を始める
2000年 静岡県立清水西高等学校衛生看護科 入学
2003年 静岡県医師会看護専門学校 入学
2004年 交通事故に遭い右腕切断
兵庫県立リハビリテーション中央病院にて義手製作に取り掛かる
2007年 神戸百年記念病院 入職
2008年 北京パラリンピック   100m 平泳ぎ 4位
100mバタフライ 8位
2010年 アジアパラリンピック  100m平泳ぎ 2位
2012年 ロンドンパラリンピック 100m 平泳ぎ 8位
2015年 6月神戸百年記念病院退職
現在    育児をしながら講演活動をしている

スポンサーサイト



井上あずみファミリーコンサート

コンサート
12 /19 2019
いのうえあずみ1
金融系企業主催のファミリー層を対象にしたお客様招待会です。
12月の土曜日11:00~12:00の開催がBESTでしょうか。
会館は9:00からなので、音響設営とリハーサルを考えると10:30開場、11:00開会になります。
地域と天候などにも寄ると思いますが、開催は午前と午後では、
集客的には午前の方がいいという結果が出ています。

井上あずみさんはジブリ映画の「天空の城ラピュタ」エンディング
「君をのせて」、「となりのトトロ」では「さんぽ」、
「魔女の宅急便」では「めぐる季節」など歌っています。
いのうえあずみ2

当日は2才程度から小学生低学年程度の子供達と親子で来場いただきました。
今回は娘の「ゆーゆ」は参加なしで本人のみの久しぶりのコンサートです。
「トトロ」のさんぽから始まります。中程でトトロクイズを基本3問出します。
子供達に「元気のいい子を当てる」と言ったら、会場内の子供達はますますエスカレートして大声を出します。
このトトロクイズで盛り上がり、後半に続きます。
ラストはとなりのトトロを皆で歌おうと、皆ステージに集合し歌います。
そして写真撮影のチャンスとなります。
この最後の場面がとてもいい感じで一番好きです。
となりのトトロは1988年の映画です。今から31年前です。
しかし子供達にとってはまさに今の映画です。何世代に亘って楽しまれていることを実感します。
いのうえあずみ3

井上あずみ
石川県金沢市出身。83年デビュー。
1986年、スタシオジブリ・宮﨑駿監督作品「天空の城ラピュタ」ED挿入歌「君をのせて」に抜擢され、
澄み切った歌声と確かな歌唱力で一躍注目を集める。
続く「となりのトトロ」では「さんぽ」「となりのトトロ」「おかあさん」「まいご」など、
主題歌・イメージソングを数多く歌い、「魔女の宅急便」でもヴォーカルアルバムに参加、
「めぐる季節」や「魔法のぬくもり」などを歌唱する。
毎年全国各地で開催するファミリーコンサートが人気を集め、
学校教科書掲載曲「ビリーブ」、NHKみんなのうたテーマ曲「ハーモニー」、
ピーターラビット公式イメージソング「キミが大好き」、世界名作劇場「こんにちはアン」テーマ曲、
ぎふ清流国体テーマ曲など、家族で楽しめるファミリーソングになくてはならない存在として
老若男女問わず幅広い世代に支持を受ける。
2012年2月、当時7才の実娘ゆーゆがNHKみんなのうた「6さいのばらーど」で歌手デビュー。
番組にリクエストか殺到し、異例の7ヶ月連続再放送となり、親子コンサートも話題に。
歌手デビュー30周年を記念して2013年10月に発売されたベストアルバム「セレブレイション」には、
さだまさし氏書き下ろしの新曲「愛の本当のこと」を収録。
親から子へ綿々と受け継がれてゆく愛情を切々と歌い新境地を見せる。
2015年は中国・北京に始まり、台湾、ロシア・サンクトペテルブルグ、フランス・パリJAPAN EXPOと
海外公演にも積極的に取り組み、2015年12月?1月にかけて初の中国ツアー(ホール10カ所)を開催する。

講師派遣 永紘 EIKO
講演会の講師派遣お任せください!35年の歴史と実績、日本全国どこでもOK!


矢野きよ実氏 講演会

講師派遣
12 /13 2019
矢野きよ実氏講演
矢野氏在住の愛知県尾張旭市にて講演を行って頂きました
講演台のない舞台から、ざっくばらんな話し方で、何気ない話題から話し出し、
舞台に展示したいくつかの書を題材とした話しを、身振り手振りで話し聴講者を
楽しませます。
そしてメインの東日本大震災での被災地を訪問し子供達に書いてもらった書を披露します
100枚程度はあると思います。父を亡くした男の子を書、「何でもいいから書いてみて」
と声掛けるが、なかなか書いてもらえない。そして書いてくれた文字が
その男の子の心から出てきたメッセージ。
ホントに辛い日々を送ったと感じる場面でした。
そんな書を矢野さんは1つ1つ解説されます。
この講演会を支えているのはいつも矢野さんと一緒に行動している4~5名のボランティア
スタッフの方と、当日主催者が手配していただいたスタッフです。これだけの書を絶え間なく
持ってきて、舞台で披露するのは大変なことでした。

矢野きよ実氏プロフィール
名古屋市大須生まれ。15歳でファッションモデルとして芸能界デビュー。
17歳から始めた書で表現する独特の世界観が注目を集める。
その後テレビやラジオなど活躍の場を広げ、名古屋
弁による軽快なトークが話題になる。
又書家として霄花(しょうか)の雅号を持ち、これまで数多くの賞を受賞。
愛知県警、KIRINビールやANA、ドキュメンタリー番組タイトルなど数多くの題字を担当。
アーティストのCD題字にも、小林幸子「蛍前線」、嘉門達夫「希望のマーチ」、など多数書を提供。

2011年3月11日の震災直後から日本赤十字愛知県代表として視察のため医師団と
被災地に入り、宮城・岩手・福島の被災地の子どもたちの「心の声」を聞く「書」の授業を行う。
被災地の報道が少なくなった今も被災地の子供たちの「心」を多くの人々に伝える講演を
積極的に行う。
また日本赤十字社名誉総裁の秋篠宮妃(あきしののみやひ)殿下式典後に講演を行う。
NHKヒューマンドキュメンタリー「書は心を開く」がオンエアーされ反響を呼び、
音楽仲間たちともいち早く被災地支援に立ち上がり、現在も継続的にチャリティー活動、
講演、パーソナリティー、被災地支援活動を精力的に行っています
特定非営利活動法人 愛知万博記念災害・救急医療研究会理事、名古屋観光文化交流特命大使、
横山美術館 広報大使、ラグビーワールドカップ2019 開催都市特別サポーター、障害者と市民
のつどい実行委員会 名誉実行委員長、名古屋小児がん基金 特別顧問
第20回アジア競技大会2026愛知・名古屋スローガン・エンブレム選定委員会選定委員
も務めています。
IMG_0410.jpg
IMG_0404.jpg

演題例
「あなたに逢えてよかった」
「東日本大震災から1年・・・被災地のために私たちにできること」
「人生は出逢い・まいにち 笑って 元気でいようね」
講師派遣 永紘 EIKO
講演会の講師派遣お任せください!35年の歴史と実績、日本全国どこでもOK!

永紘 EIKO エイコーイベントプランニング

35年の歴史と実績!講演会の講師派遣、講演会依頼、タレント派遣、イベント企画なら永紘へ!お気軽にお問い合わせください。