白石和彌監督 綾野剛主演 「日本で一番悪い奴ら」

私、映画が好きなもので、今回は映画の話しです。

とにかく、綾野剛さんがいいですね~
大好きです。彼の魅力の底が見えないです。
シロートの私が生意気言いますが
演技の幅も広がり深みも深まるばかり、
どこまでもどこまでも見ていたい役者さんです。

綾野剛さんと言えば、山田孝之さんですね。
プライベートでも仲がいいそうですが、
日本の役者さんは、この先この2人から目が離せません!

また、この2人を主演にもってこられた監督の白石和彌氏も大変興味を持っています。
代表作の一つに間違いなくなるのが、6月末から全国上映中の「日本で一番悪い奴ら」
綾野剛氏主演の実際にあった稲葉事件をモチーフにした映画。
もう一つは、白石監督世に知らしめた長編映画「凶悪」山田孝之氏主演、
こちらも実際におきた「上申書殺人事件」をモチーフにされています。

この運命的な3人の繋がりは
これからの日本の映画界の大きな財産です。
ぜひ、楽しみにして下さい。

白石和彌監督について、少し触れてみたいと思うのですが、
以前何かで話していたのですが、
「かつての日本映画には『権力』に立ち向かっていく作品がたくさんあったじゃないですか。
 それが今は、どこにも当たり障りのない作品ばかりになっていて、
 こういった尖った映画づくりがまるで隙間産業みたいになってしまっている。
 だったら僕がやってやろうと。」
こんな気概と何かワクワク感のある監督さんが出てきたと思うと嬉しくてなりません。

例えば、映画の中で犯人が車で逃走するのを、刑事さんが車に乗って追っかける際に
わざわざシートベルトをする、そんなシーンを見たお客さん達は
何かガッカリするというか、違和感を感じ、リアリティーが欠けると思います。
昔の映画はそんなことは無かったです。

白石監督はその期待に応えてくれる監督さんです。
とにかく、綾野剛さん山田孝之さん白石和彌監督、
このお三方がこの先楽しみです。

さて、講演会においても、その醍醐味の一つが、
その講演会の場だけのとっておきの話しというのが
聞いている方にとって、たまらなくそそられるものだと私は思っております。

当社にご相談頂けましたら、
その点も含めてオススメの講師先生をご提案させて頂きます。
お気軽にどんなことでもご相談くださいませ。
スポンサーサイト
プロフィール

イベントネット

Author:イベントネット
講演会の講師派遣、講演会依頼、タレント派遣、イベント企画なら永紘へ。講演会の講師派遣はお任せください。

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR