FC2ブログ

草野仁氏講演会 講演会講師派遣EIKO

講師派遣
06 /21 2019
岡山の企業の周年行事の特別津講演会と北海道函館の企業主催の講演会に
出ていただきました。
岡山は周年行事だったため、関係者を招待しての記念式典と祝賀会。
函館は企業が主催してお客様を招待しての講演会でした。
函館は約400名の参加者で、30代から70代までの、
サラリーマンや企業経営者など多岐に渡る人員構成でした。
演題は「いつもチャレンジ精神で」といった
基本パターンでの講演をお願い致しました。

アナウンサーになった経緯、もともとNHKの記者になりたかったとのこと
それがアナウンサーにすり替わり、アナウンサー路線を進むことになった。
その研修時代のエピソードが面白くいろいろな体験があるものだと思いました。
アナウンサーは人に言葉としていろいろなことを伝える仕事。
人に伝えると言うことはどういったことなのか、人によって捉え方が違うわけでとても難しいことだと思いました。
家庭の中で、親に思っていることを伝えることが出来る子供は、
社会に出ても自分の考えを表現できる人になると話され、感銘を受けました。
又、世界不思議発見での出演者のすごいエピソードも話してくださいました。

クサノヒトシ2019

プロフィール

職業   TVキャスター
生年  昭和19年2月24日生  出身地:満州
学歴   東京大学文学部社会学科卒業
略歴   昭和42 年4 月NHK 入社鹿児島放送局赴任(その後福岡、
大阪局を経る)
昭和52 年8 月NHK 東京アナウンス室へ
主にスポーツ・キャスターとして、モントリオール(昭和51 年)
レークプラ シッド(昭和55 年)オリンピックをはじめ、
さまざまなスポーツの実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。
昭和60 年2月NHK 退社以後、フリーのTV キャスターとして活躍中
TV出演 TBS「世界ふしぎ発見!」日本テレビ「おもいッきりDON! 1155」
著書・訳書
「人生ふしぎ発見」メディアファクトリー平成4年
「たかが競馬、されど競馬」大和出版平成5年
「娘へ」小学館平成9年
「父親」(著)ステファン・T・クレマー<訳> 三笠書房平成10年
「生きてるからこそ」小学館平成11年
「名言再発見」<監修> 東京書籍平成14年
「 乾杯・中締めのあいさつ」大泉書店平成15年
「きみに話したかったこと」ぶんか社平成20年
趣味・スポーツ
映画鑑賞・ゴルフ・野球・剣道(二段)
その他 平成12 年6 月ベストファーザーイエローリボン賞受賞
平成12 年4 月~ 平成16年3月長崎大学運営諮問委員
平成20 年8 月テレビ東京「北京オリンピック2008」メインキャスター



講師派遣 永紘 EIKO
講演会の講師派遣お任せください!35年の歴史と実績、日本全国どこでもOK!
スポンサーサイト



講演会通信 ~長谷川幸洋氏~

講師派遣
06 /05 2019
先日、神奈川県の平塚市内で長谷川幸洋先生のご講演のお手配をさせて頂きました。
当日は、私も同行をさせて頂き、現場対応させていただきました。

平日の夕方に、地元企業の経営者の方々や社員の方々が対象でした。
個人的な感想としましては、大成功だと感じました。

その理由は、長谷川先生のご講演はハラハラもしますがその分内容の濃さ面白さ、更には長谷川先生の講演技術の高さがあり、
いいお話しが聞く事ができたなという満足度が大変高いです。

ただ、繰り返しになりますが、内容的にハラハラドキドキする部分はあるかと思います。

これは私の持論ですが、講演会は「ライブ」だと思っています。

この講演会の中だけのお話し、いわゆる「ここだけの話し」これがあるから面白いと思っています。

それを、その場の雰囲気や聴衆の反応によって更に面白さが増すと思っております。

面白いという言葉は語弊があると思います。解説しますと(面白さ=満足度・内容高さ・内容の伝わり度)です。

それに加え、長谷川先生の講演テクニック(講演技術)と言いますか、話しのスピードや間、声の強弱や声の音色の変化、
これは凄いと思いますし、話し方や伝え方の大変勉強になります。

長谷川先生のご講演は、内容だけでなく、聞きどころが他にも大変多いとご講演だと私は思っております。

これをオススメと言わず、何と言いましょうか。

大変聴き応えがあります。ただハラハラドキドキもします。

まさに「ライブ」です。

長谷川幸洋先生のご講演の相談は、永紘までお気軽にご連絡下さい。



長谷川 幸洋 氏


ジャーナリスト


1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。
ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。
77年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、
論説副主幹などを経て2018年3月末に退社。ジャーナリストとして活動中。

06?09年に政府税制調査会委員、05?08年に財政制度等審議会臨時委員、
12?13年に大阪市人事監察委員会部会長など。
07年から2015年に日本記者クラブ企画委員、13年~16年に規制改革会議委員、
16年から規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。

著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。
最新刊は 『明日の日本を予測する技術~権力者の絶対法則」を知ると未来が見える!~』(講談社+α新書)。
趣味はスキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。

永紘 EIKO エイコーイベントプランニング

35年の歴史と実績!講演会の講師派遣、講演会依頼、タレント派遣、イベント企画なら永紘へ!お気軽にお問い合わせください。