FC2ブログ

長谷川満氏講演会

講師派遣
02 /20 2020
2月15日 愛知県安城市家庭教育講演会でした。
演題「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」
聴講者は主に安城市にお住いの子育て世代の方々です。
DSC_0765.jpg
DSC_0786.jpg

講演内容の一部をご紹介させていただきます

あるお母さんが4歳の娘さんにこんなことを聞かれました。
「お母さんのお腹の中にいた時のこと覚えてる?」
すると娘さんはこう答えられました。
「お腹に入る前はお空にいたよ。みんなで雲の上からお母さんを探してた。虹色の滑り台でくるくるとお腹に入ったよ。
どのお母さんにしようかなってみんな迷っていたけど、
私はすぐ決まったの。」
お母さんがその理由を尋ねられると
「笑顔が可愛かったから。」という答えが返って来ました。
そのお母さんはこれからはもっと笑顔で娘さんに接していこうと決心されたそうです。

皆さん、親が普段子どもにかけている言葉ってどんな言葉が多いでしょうか。
 「早くしなさい」
 「もう宿題したの」
 「何回言ったらわかるの」
 「いい加減にしなさい」
 こんな言葉が多いでしょうか。

 実は親が子どもにかける言葉の8割以上は 注意・命令・禁止・叱責 なんですね。
 これでは子どもの自信ややる気は引き出せません。
 これらの言葉は上からの一方通行で対話になっていかない言葉なんですね。

 自信ややる気を引き出そうと思ったら
 もっと子どもの立場に立って対話しなくちゃ引き出せません。

それには「プラスの問いかけ」が非常に効果的です。
 プラスの問いかけ
 「どうしたらいいと思う?」
 「どうしたら出来るかな?」
 「どうしたい?」
 「どうしてほしい?」
 「何か手伝えることある?」

 プラスの問いかけは子どもの考えや気持ちを聞こうとするもので、
 このように問いかけられると子どもは、
 自分は大切にされている、認められている、愛されていると感じます。
 このように感じるとき子どもは自らの『自己成長力』を発揮し、
 主体的・意欲的に物事に取り組むようになるそうです。 

 まずはマイナスな言葉がけをやめて、
 それを「プラスの問いかけ」に変えていく。
 子どもにかける言葉が変わってくると子どもとの関係、
 親子関係が変わってきます。
 そして子どもとの関係が変わってくると子どもが変わってくるのです。

 やる気を引き出す最大のカギは親子関係にあります。
 どういった親子関係が子どもの自信や意欲を引き出すのか、
 講演で披露致します
DSC_0796.jpg


講演の終わりに一人一人それぞれ違う100種類の詩をプレゼントしました。

      ◆ 長谷川満氏プロフィール◆
1961年京都生まれ。
1987年家庭教師システム学院を兵庫県加古川市に設立。
25年以上多くの家庭教師を指導すると共に、自らも家庭教師として、
子どもの自信と意欲を育てる学習指導を実践。
不登校や発達障がい傾向のある生徒も数多く指導。
それらの経験をもとに、「良好な親子関係こそが子どもを伸ばす」と
2006年よりペアレントセミナーを開講。
また読売ファミリーニュースにて教育コラム「おや学講座」を連載。
2012年に5年間の連載記事をまとめた「あなたも子どももそのままでいい」を出版。現在、幼稚園・小中学校を中心に講演活動中
ハセガワミツル
トップ画像

スポンサーサイト



野村忠弘氏 講演会

講師派遣
02 /17 2020
先日、企業主催の講演会で野村忠宏氏に同行いたしました。 
テレビで見ると大きく感じるのですが、実際お会いしてみると小柄な方なのですが、
服の上からでも筋肉が詰まった引き締まった体だということがわかります。
この体にオリンピック3連覇を偉業を成し遂げたパワーが潜んでいるのだと感じました。
祖父・父も柔道家で、叔父はミュンヘン五輪柔道金メダリストというまさに「柔道一家」で育ち、
3歳から柔道を始めたがなかなか勝てず、ようやく奈良県大会で初優勝できたのは高校3年になった頃でした。
高校卒業後は天理大学へと進学し、そこで柔道部の指導をしていた恩師に出会い、その方から言われた言葉が、
その後の野村忠弘氏の大きな転機になりました。
天才柔道家と言われている野村氏ですが、幼い時から天才ではなく、人並外れた努力の
末輝かしい功績を残されています。
講演では、様々なプレッシャーと闘い、大きなケガを乗り越え、大舞台で勝つことができたのか。
あらゆる年代の人にも通じる目標に向かって努力することの大切さ、挫折を乗り越える方法などをお話されます。
 仕事やスポーツ、勉強に伸び悩んでいる方には是非聞いて頂きたい講演です。 
ノムラタダヒロ2019

野村忠弘氏 プロフィール

祖父は柔道場「豊徳館」館長
父は天理高校柔道部元監督、叔父はミュンヘンオリンピック軽中量級金メダリストという柔道一家に育つ。
天理大学、奈良教育大学大学院を経てミキハウスへ。
アトランタオリンピック、シドニーオリンピックで2連覇を達成。
その後、アメリカへ留学。2年のブランクを経てアテネオリンピック代表権を獲得し、
2004年アテネオリンピックで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成する。
その後、たび重なる怪我と闘いながらも、さらなる高みを目指して現役を続行。
2015年8月29日、全日本実業柔道個人選手権大会を最後に、40歳で現役を引退。
国内外にて、柔道の普及活動を展開。また、テレビでのキャスターやコメンテイターとしても活躍。
自身の柔道経験を元に講演活動も多数行い、全国を飛び回っている。
講師派遣 永紘 EIKO
講演会の講師派遣お任せください!35年の歴史と実績、日本全国どこでもOK!

平田勝男監督 講演会

講師派遣
02 /13 2020
長身に大きな身体 どこか人懐っこいようなお顔。時に「鬼」と呼ばれる 監督とは少し違う…それが第一印象でした。
それよりもっと目を引いたのは、隙のない身のこなし。歩く速度はもちろん、立ち止まっても、荷物を預けても 一挙手一投足がキビキビ…何より立ち姿が綺麗で、アスリートを見慣れた著者にも、驚きでした「鍛えていますね」と、訊ねると「もうすぐキャンプだから 肩を作っているんだ」悠々と語るところは、やっぱり只者ではない それが平田監督のセカンドインプレッションでした
この日は、大阪に本社を置く 情報系の会社での講演でした。トークショー形式で、テーマは「私の野球人生」「若手の育成」聞き手は主催社の方でした。講演会場には、前後2つのスクリーン、受講者は それぞれp cを開いています。今どきのセミナーの様子に監督も少し驚かれていました。
3平田さん

それぞれ受講者が 見ているのは監督のプロフィール。ぺーパーレス化が進んでいます。会場に漂うのは野球ファンばかりではない どこかアウェイな雰囲気。それでも監督は堂々と飛び込んでいきました。
昔の2軍 今はファームと呼ぶそうです。人を育てる場所。調子を上げて、第一線に送り出していくところ。だからこそ、一軍とファームの監督同士は、阿吽の呼吸の間柄。この関係の良さがあってこそ、チームのムードがあたたかくなるそうです。監督は、阪神一筋34年。いろいろな人と関わり続けた人間力は、想像するだけですごいものがありますね
自身の入団のエピソードから、選手現役の頃、指導者としてのこれまで….話は尽きません。
中でも 心に響いたのは、脳腫瘍と戦い続けた 横田慎太郎選手の話でした。病気を発症した頃の事、野球を断念しなければならなかった横田選手の言葉。再起をかけて頑張る姿。監督の語り口はどんどん熱をおびていきます。どんなに困難でも 諦めなければ、誰かが見ていてくれて、どこかに道がある。監督の言葉は、どの年代にも響くものでした。
コンプライアンスに守られているような、縛られているようなこの世の中。今どきの新人選手をどう指導するのか、今と昔の意識の違い …企業とはかけ離れた世界のエピソードながらも、思わず頷くところはたくさんでした。
平田監督

ただいまキャンプ中!ファンは、毎日楽しみに見ています。
監督 鍛えた身体で新人選手をバリッと育ててください!頼んます!!
トップ画像



永紘 EIKO エイコーイベントプランニング

35年の歴史と実績!講演会の講師派遣、講演会依頼、タレント派遣、イベント企画なら永紘へ!お気軽にお問い合わせください。