FC2ブログ

講演会通信 ~大野豊氏講演会~

講師派遣
12 /25 2018
大野氏

先日、広島県内で大野豊さんにご講演頂きました。

今回の催しは、地域の子供達スポーツ推奨事業という事で
大野さんを中心としたトークショーや質問コーナーや
記念品のプレゼンターや記念写真等々
快くご参加頂き主催者様も参加された皆様も私も
大変感激致しました。
私はあらためて大野さんのファンになりました!
是非とも、また現場復帰して欲しいと思いましたし、
そのようなお話しもさせて頂きました。
大野さんのお返事は、お声が掛からないとどうしようもないお話しなので
という事でした。
いずれ、現場復帰される事を心から望んでいる
ファンの一人です。
良いご講演をどうも有難うございました。
大変勉強させて頂きました。

中国地方の主催者様はじめ全国の講演会の企画されている主催者様
大変オススメの講師です。
お声掛け頂けることを心よりお待ちしております。


---------------------------------------------------------------------------------------

大野 豊 氏 プロフィール

(元 広島東洋カープ)

出雲一中1年生の時野球を初める。初めは外野手だったが、出雲商で投手に転向。
本格的左投手として注目され、プロ、ノンプロから誘いがあったが、
出雲市を離れられず、地元の信用組合に就職し、軟式野球で活躍。
1976年暮、出雲高の練習を手伝い、5回で12三振を奪って自信をつけ、
1977年2月広島のテストを受け合格。

以来“軟式出身のエース”と呼ばれ、活躍。最優秀防御率を記録、
1988年には沢村賞を受賞した。1991年ストッパーに転じ、
14連続セーブの日本新記録をマーク。
同年最多SP、最優秀救援投手賞を獲得。1993年4月通算100セーブを達成。
また、1996年5月リーグ最年長完封記録(40歳8ケ月)、
1997年リーグ最年長勝利(41歳7ケ月)、
同年投手最多実働年数のセ・リーグ新記録、史上最年長での最優秀防御率を達成。
1998年シーズン終了後、引退。

一軍投手コーチののち、2000年NHKの野球解説者となる。
2004年アテネ五輪、2008年北京五輪では投手コーチを務める。
2010-2012年、再び広島コーチを歴任。2013年野球殿堂入り。

通算成績は707試合、148勝100敗138S、
防御率2.90、2,231回0/3、1,733奪三振。
最優秀防御率2回、最優秀救援投手1回、沢村賞1回、島根県功労賞。
出雲商卒、出雲市信用組合出身、左投左打、177cm、75kg

------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

永紘 EIKO エイコーイベントプランニング

35年の歴史と実績!講演会の講師派遣、講演会依頼、タレント派遣、イベント企画なら永紘へ!お気軽にお問い合わせください。