スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さについて 講演会講師派遣Eiko

段々寒くなり、朝起きるのがつらい季節になってきました。
寒さ対策を怠って体調を崩すこともあります。
寒さ対策について考えてみました。

体にぴったりとしていれば保温効果もありそうだし良いのではと思うかもしれませんが、窮屈で体を締め付ける衣類では血行が悪くなり逆効果になります。
理想的な肌着や洋服はサイズにゆとりがあり、体と衣類の間に空気の層が出来ます。
伸縮性に優れ体の動きに合わせてほどよくフィットするものです。
これらを上手に重ね着して、暖かく過ごしましょう。
肌着はムレない、冷えない、ベトつかないをキーワードに身体にフィットするものを選ぶこと。
重ねていく衣類は余裕のあるサイズで空気層をつくるようにします。

洋服の場合、下着→シャツ→上着→コートのように防寒を考えた重ね着の順番があります。
防寒の程度に応じて、それぞれ素材や厚みなどにバリエーションがあります。
会社勤めのようにフォーマルに整えることが求められると下着→シャツ→上着→上着というわけにはいきません。
家でできる対策も会社では利用しにくいものです。
こうなると下着やカーディガン・ベスト、さらに通勤時間帯はカジュアル化するなどちょっとしたことの積み重ねです。
通勤時はロングコートやロングスカート、パンツスタイルにしたり、1cm大きい靴から組み立て直したフォーマルファッションを考えても良いかもしれません。

お風呂に入るときも一工夫すると寒さ対策になります。
・浴槽に熱湯を入れる
通常最適なお風呂のお湯の温度というのは40度から42度程度といわれています。
冬の冷え切った浴室ではあっという間に冷めてしまいますので、追い炊きをすることになります。
あらかじめかなり高い温度のお湯を浴槽に溜めるようにしましょう。
温度の目安は60度ほど。お風呂の蓋をせずに10分ほど待つと、浴室内がほどよく温まります。
あとは適宜水で埋めながら入りましょう。

・お湯のシャワーを壁にかける
浴槽にお湯を張ってゆっくり入ることができる場合は浴槽に熱湯を入れるやり方でもよいのですが、朝などシャワーのみ急いで入りたいときがあります。
この場合は服を脱ぐ前にお湯のシャワーを出し、浴室内の壁に向かって流しておきます。
それから服を脱いで浴室に入るまでの数分間で蒸気が一杯になり冷気がかなり和らいでいます。

・脱衣所を温める
ストーブを脱衣所に持ってきて、浴室に入ると同じタイミングでつけておきます。
脱衣所を温めておくことで浴室から出た後の温度差で血圧が急に変わってしまうこともなく、湯冷めも防ぐことができます。

・湯冷め防止対策をする
夏場なら絶対に履きたくないものですが、寒い期間はお風呂から上がって汗を拭いたらすぐに靴下を履いてしまいます。
濡れた頭からはどんどん熱が奪われていきますので、時間を置かずにドライヤーで髪を乾かし、すぐ乾かせない場合はタオル地の帽子をかぶってから脱衣所を出ると安心です。

まだまだ寒くなる季節ですのでしっかりと寒さ対策をし、日々万全の体調で過ごしたいです。



講師派遣のプロ集団EIKO
講演会の講師派遣お任せください!30年の歴史と実績、日本全国どこでもOK!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

イベントネット

Author:イベントネット
講演会の講師派遣、講演会依頼、タレント派遣、イベント企画なら永紘へ。講演会の講師派遣はお任せください。

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。