スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本シリーズ2016」 

今年のプロ野球日本シリーズも大盛況の中終わりました。
結果は4勝2敗で北海道日本ハムファイターズの優勝でした。
広島東洋カープにとっては32年ぶりの日本一はならず。
個人的には大変面白い熱戦続きの良いシリーズだったと思っています。
特にこのような短期戦は流れによって左右され、
その流れがちょっとしたことで変わるものだと感じました。

私のようなシロートが言うのもなんですが、
第3戦がポイントと言いますか、大きくシリーズの流れを左右する1戦だったと思いました。
第1戦、今や日本球界を代表するエース大谷投手(先発)に対してカープは、
シーズン通して安定したピッチングと成績を収めたジョンソン投手、
この1戦で、カープ先勝。個人的にこれはカープに大きな勝利、
流れはカープ、このまま2戦目もとれればと思っていたなか。
第2戦は、シリーズ男(助っ人)となりそうな勢いのエルドレット選手の活躍と
正に神走塁の田中選手のホーム突入とで、一気に流れはカープ。
更に今回のシリーズのバックボーンには、黒田投手引退という大変大きな存在あったと思っています。
そんな流れのなか、ファイターズにとって本拠地戻って気分一新、
流れを変える意味でも大きな第3戦。
ファイターズにとって大変大きな初回先制点、
しかし、シリーズ男(助っ人)になりそうなエルドレット選手の逆転ホームラン、
このまま黒田投手の熱投と盤石のカープクローザー陣で逃げ切りパターンだったと思います。
しかし、勝負の神様はそのようにさせてくれなかった。。。
ファイターズにおいて、絶対に打たせてはいけないチームの支柱四番中田選手に逆転の一打で、
一気にこの試合もシリーズも終わってしまったような感想です。
(あの場面はバッター大谷選手のところで勝負だったのでは・・・ 結果はどうであれ・・・)
 
長くなりました。
野球は本当に面白いです。
野球中継も少なくなりましたが、日本のプロ野球がもっと人気がでることを願っております。
2020年東京オリンピックもあることですから。

元プロ野球選手のお話し(講演会)も大変面白いです。
私のようなシロートの視点では無く、プロの視点からのお話しはぜひ聞いて頂きたいです。
たとえば、山田久志氏・達川光男氏・高木豊氏・石毛宏典氏・青島健太氏・桑田真澄氏・古田敦也氏・槙原寛己氏などなど
他にも多数いらっしゃいます。
お気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

イベントネット

Author:イベントネット
講演会の講師派遣、講演会依頼、タレント派遣、イベント企画なら永紘へ。講演会の講師派遣はお任せください。

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。